ワイキキなどの観光地はさらに高額

ハワイの島内を自由に移動することができるようになります

ワイキキは賃料も高く、味で勝負しなくてもある程度の客数が望めます。ワイキキは現地の人からすると、記念日におしゃれして行く高級レストランというのは多いかもしれません。私の実際に行った事のある、お勧めのレストランをコメント付きでいくつか紹介します。どこのレストランに行っても、朝食は8:00までに入れば大体座れます8:00の壁と呼んでいますが8:00以降だとドッと混みだしますので、出来れば7:30位までに店に到着するのが良いでしょう。夕食も早い時間から空いていますが、夕日の見る事が出来るレストランは限られていますので、予約はした方がよいでしょう。

簡単にハワイのお土産を購入

ワイキキから20番または42番のバスで乗り換え無し

昼食に関しては実際の所はそれほど混まない事が多いと思います。好きな時間に行っても大丈夫だと思いますね。日本と違ってハワイですので、多少従業員がルーズな場合もあります。行列の出来るレストランは、順番がわかる様に名前を入口で書くかスタッフに伝え、店の入り口付近で待っているというケースが殆どですが、この方法もあまり日本では馴染みもないので、最初は少し戸惑うかもしれません。参考にしようと思い、「何分位待ちますか?」と店員に聞いても、いつも同じ答えの場合も多いので、あまり当てにはならないと思います。

 

ダイヤモンドヘッドを上から見下ろせたり

注目の飲食店情報、ビジネス情報、週刊TV番組表などが添付されており、我々日本人にとってはこれだけで1週間楽しめそうな内容です。英語ではありますが、ハワイの実生活感を体験するには、このような新聞ニュースを私はハワイ生活中、いつも早起きして8チャンネルの「HawaiiNewsNow」というニュースを見ていますが、週末に行われるイベントの紹介や、ハワイ経済の話など、映像が流れるのでなんとなく内容が理解できます。直近の情報やイベントなどを確認するのには最適です。ニュースは朝5時から9時まで同じ内容を1時間おきに繰り返します。毎日の事件や渋滞情報に気象情報特に重要なのは気象情報と犯罪情報。

ハワイの空港は広いので
の脱走情報もあります。基本的に温暖なハワイですが、ハリケーンの季節には注意が必要ですし、海に入るにもサメの情報やクラゲ情報が大切です(刺されると重傷になるクラゲもいますので)また犯罪者が逃走しているニュースや、ハワイ刑務所から2015年にハリケーンの大雨が原因でワイキキの施設が浸水して汚水が海に漏れ、感染症の懸念からワイキキビーチの遊泳が全面禁止になったことがありました。朝の忙しい時間帯ですが、ニュースをBGMにして身支度を整えるようにしたほうが良さそうですね。これもテレビのニュースで繰り返し警告していたのですが、日本人観光客は平気で海に入っていたそうです。イエローページ?ジャパンこの冊子も日本人には嬉しい一冊。イエローページという名称から電話帳を思い浮かべた人が多いでしょうがその名の通り、ハワイ生活に必要な電話番号が一覧されている冊子です。

<<ハワイ電力絶対にここでしか手に入らないものばかりです

>> ハワイのホテルから乗りましょう

ハワイのホテルの駐車場に停めてある

ハワイのレンタカーの予約は日本出発前にして下さい

夕食後は恐らく最後の買い物で時間を使う事になりますので。フライトと空港~ホテルの送迎は、申し込み時までにプランを決めておくツアーによっては、フライトと空港送迎も申し込み時に決める事が出来ます。日本発着の便によっても、羽田発?成田発の便もありますし、現地到着が昼頃の便(日本出発が深夜便)もあれば、現地早朝着(日本出発が19:00頃の便)もあります。つまり、現地早朝着で現地夕方発の便であれば最大で10時間程度、更に滞在時間を増やす事が出来るのです。正し、たいてい羽田空港発着の便は同じ航空会社でも割高です。

簡単にハワイのお土産を購入

ハワイ行きでは あの人に何をお土産に持って行こう 社会

当然羽田の方が仕事帰りのアクセスも楽で、便利なのでしょうがないかと思いますが。空港送迎ですが、大概の場合はツアーに含まれます。ツアーに参加した事のある人はご存知だと思いますが、パッケージツアーというのは、仮想ですが団体旅行ですので、団体行動をしなければなりません。折角急いで入国審査も早く終わらせて空港の外に出ても、他のお客さんが集合するまで待ってから、混載のバスにて市内へ移動しなければなりません。バスも市内のいくつかのホテルを巡回するので、ホテル到着まで時間がかかり、大変な時間のロスになってしまいます。

 

ワイキキで最も混雑する人気レストランです

ワイキキの通りに設置されているマガジンスタンドで無料で簡単に入手することができますので、これを読まない手はありません。「LighthouseHawaii」誌もハワイ生活を充実させるためには必要なフリーペーパー70ページほどの誌面で毎月2回発行されています。ドンキホーテやマルカイのマガジンスタンドに設置されていますが、ワイキキでは入手しにくいかもしれません。「ハワイ在住者のための生活情報誌」と銘打っているだけあって、かなり現地生活に踏み込んだ内容です。方、有名私立学園に進学するための秘訣など、観光客には全く関係のないものばかり。

ハワイの方は歯や靴で開けるようですが
ハワイで活躍するビジネスマンの紹介やハワイ文化を再発見する記事、日本国総領事館からの情報、ハワイで暮らすための知恵、ハワイで子育てするため掲載されている広告も病院やペットショップ、家庭教師、保険会社など、現地生活者だけが必要な情報です。巻末には在住日本人に便利な電話帳が載っていますので、生活に慣れた頃に発生するトラブルに備えて常備しておくのも良いと思います。Lighthouse誌はアメリカ文化に溶け込むための情報という雰囲気が強く「ハワイで生活するためには、こんな考え方をしなければならないんだ」と気付かされることが多いです。長期生活や永住を目指す方はぜひ読んだほうが良いと思います。前述の2誌はすでに住んでいる人に向けての情報誌なので不動産購入に関する情報が少ないのですが、かもしれません「ハワイに住む」は他誌に比べて不動産購入の手順に関する情報が非常に多く書かれており、不動産投資を考えている人達にとっては具体的なイメージが湧きやすい?新聞まずは1912年から100年以上続く日本語新聞ます。

<<ハワイは異なって眼に映っているであろう

>> オアフ島で総合的に1番のレストランだと思います